1. ホーム
  2. キャッシング
  3. ≫銀行振込とカードローンによるキャッシングの特徴

銀行振込とカードローンによるキャッシングの特徴

給料日の前にお金が足りなくなってしまうと、生活を続けることが困難になります。急な支払いが発生した時にも、大変です。
お金にまつわる困難を解消してくれるのが、消費者金融や金融機関が提供している、キャッシングのサービスです。審査に通れば、お金を借りられるようになります。
現在では多彩なキャッシングサービスが用意されていますが、銀行振込による融資を受けられるサービスと、カードローンで融資を受けられるサービスが主流になっています。
銀行振込は、自分が所有している預金口座を指定することで、そこに希望する金額を振り込んでもらえる便利な方法です。そのまま銀行振込で商品代金を支払ったり、他人に送金するなどの利用ができます。公共料金の引き落とし用として、残しておくことも可能です。現金で使いたいなら、預金口座のキャッシュカードなどを使ってATMから引き出すだけで完了します。
昔からよく使われている銀行振込のキャッシングですが、現在ではインターネットを利用して、パソコンやスマートフォンなどから借入れの手続きができる手軽さが、人気となっています。
もう一つのカードローンは、提携先のATMからお金を借りたい時に利用します。カードにキャッシング機能がついており、利用限度額までの範囲で、いつでも自由にお金を借りられます。コンビニのATMで利用できるのがメリットで、銀行振込が利用できない時間帯でも、現金で直ちに借りられる優れた面を持ちます。
カードローンの中には、ATMから返済できる機能がついたものも存在します。毎月定められた返済日以外でも、ATMからいつでもお金を返せるため、素早く借入残高を減らして、利息の負担を軽減させたい時に便利です。
銀行振込やカードローンによるキャッシングの返済方法は、自動引き落としが利用できる口座振替が標準になっていることが目立ちます。預金口座に残高さえあれば、返済を忘れずに済むというメリットがあります。