1. ホーム
  2. キャッシング
  3. ≫カードローンタイプのキャッシングの使い方

カードローンタイプのキャッシングの使い方

キャッシングとは少額融資のことを指します。お金を借りるという意味では一緒ですが、住宅ローンや自動車ローンのように、目的別に多額の借入れをして、少しずつ返済をしていくものとは区別されます。期日までに一括返済したり、月々に分散して返済するようにします。
利用するには、消費者金融や金融機関、信販会社のサービスを選択します。これらのほとんどで実施しているのが、カードローンタイプのキャッシングです。キャッシュカードやクレジットカードのような見た目をしていますが、キャッシング専用のカードをATMで使うことで、お金を借りられる手軽さがメリットです。
使えるATMは、カードローンによって違います。そのカードローンが提携する金融機関や、コンビニのATMが利用できます。カードで借りられる時間帯は、各ATMの営業時間内に限られます。コンビニのATMであれば、ほぼ24時間利用できるのが魅力です。
現在、カードローンの主流になっている返済方法が、リボルビング払いです。現在の借入残高に応じて利息が計算され、毎月の支払日に決まった金額を返済するようにします。リボルビング払いには様々な手段が用意されていますが、予め決めておいた返済額を定額で返済するやり方が多くなっています。
例えば、1万円の返済額に設定した時に、借入残高が5万円であったとしても、次回支払日には1万円を支払うだけで認められます。
但し、このようなお金の返済方法は、借入残高が多い分だけ日割り計算による利息がかかってきますので、できる限り借入残高を早めに減らすことが重要になってきます。
借入残高を早く減らせるカードローンとして、一括返済ができるサービスや、臨時返済ができるサービスの利用がおすすめです。一括返済であれば、直ちに借入残高をなくすことができます。臨時返済ならば、毎月の支払日の前に返済が可能になるため、借入残高を素早く減らすことができるというメリットがあります。